読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながまつ log

まだ路線決めてません

猫と寝る、いせちゃん

飼い猫のいせちゃんは白黒のメスで、
冬の時期になると布団に入ってきます。
横になった私の腕に前足を乗せ(重い)、
いせちゃんの都合でぷうぷう寝言らしき事を言いながら寝返りをうったりします。

私もやられてばかりではいられないのでいせちゃんを揉む。
いせちゃんのお腹のあたりのふかふかを揉む、
頭のちょっと毛が少ない所をぐりぐりと撫でる
尻尾を先までつつーっとなぞってく。
私が先に寝るか、いせちゃんが勝手に出てくまで触り続ける飽くなき攻防。

そして寒くなった朝方に、布団に戻ってきたいせちゃんとまた再開。
おそらく夏頃まで続く。