NGMT log

まだ路線決めてません

父親の不倫の思い出を乗り(踏み)越える

私が三国志や歴史ジャンルにハマった時、
父親はしれっと本を買ってきてくれた。

そんな三国志や歴史が好きな親父、5年前に中国人と不倫。
『今度○○さんと出かけるんだ〜^^』
と嬉々として話し出す親父…みるみるうちに顔色が憤怒の表情になる母親…

(家族の事普段ほったらかしなのに、他人とはウキウキで出かけるんだ…)とがっかりと、妙に冷静な自分。

父親の話をします。
父親放任主義というか、我が子(私)に関心が無いというか…
ここに書ける事が無い程に、まともに関わった思い出が全然無い…。
のに、親戚とか近所の子どもはめちゃくちゃ笑顔で可愛がります。
『その愛情をどうして我が子に向けてくれないんだ』と愚痴る母の姿は常に有り。(今も)
単身赴任で不在という訳でもないのに、夢の国も母親と行きました。

父親↔母親は仲良しで、喧嘩は0では無いが、
(少なくとも自分の前では)見かけた事が無い。
唯一ぼんやり覚えてるの喧嘩の内容と原因は、私の教育方針へのお金の使い方でした。

当然、この件で離婚寸前になり、家がぐちゃぐちゃになったのも本当。
キレた母親が父親の通帳取り上げ、弁護士に相談していたのも本当。

不倫した側・された側がどんな事にあうのか・どんな事をするのか身を持って知ったのも本当。

そして最近になってふと
『はぁ〜三国志とか水滸伝好きだし、私よりそっちになってもしゃーないかーーー』と思えるようになり…
不倫の件は絶対許せないし、許す気も無いけど
なんとなく、区切り(諦め?)がついたので書きました。

ちなみに、母親はこの後、割とあっさり父親を許し、
とっとと仲直りして今でも時々二人で旅行に行ってます。
他人だからすぐに折り合いがついちゃうんでしょうか?
私はもうあの件以来、一切口聞いてないです。
父親以前に、なんだかもう人間として気持ち悪いし、全く尊敬できないので…

周りのおじいちゃん達

職場に穏やかなおじいちゃん職員の方がいます。
物凄く物腰の柔らかくて、今まで出会ったことの無いタイプのおじいちゃんです。とても癒されます。

ここで自分のおじいちゃん遍歴(笑)を書きます。

父方の祖父は私が産まれる前に他界しており、
母方の祖父は、今はもう故人ですが、まさしく戦後を生き大黒柱として家族を支えた強いお祖父ちゃんって感じでした。
以後、自分の中のおじいちゃん像は母方の祖父が基準になります。

次が学校の先生です。
担任というより、校長先生の役職ですね。
春に赴任してきた校長先生の髪の毛は真っ黒だったのですが、
夏休みが明けたら真っ白になっていました。
白髪染めを止めたんです。

新学期の挨拶で壇上に上がると、全校生徒の前でこんな事を言いました。

「校長先生は、本当は白髪で頭が真っ白なんです。でも、自分を誤魔化したり、嘘をついたらいけないなと思いました。だから今日は真っ白な頭で学校にきました。皆さんも、どうか本当の自分でいられる勇気を大切にしてくださいね。」

この言葉は、子ども心ながらにとても説得力がありました。
大人が自分の恥を晒すという事、それでも堂々としていた姿は印象深かったです。

誤解を恐れずに言うと、私はまだ年老いて死ぬ事に恐怖を感じています。
静かに一人で死ぬのは寂しい…どんどん何もできなくなるのが悲しい…そんなイメージなのです。

それでも、周りにいたおじいちゃん達を見たり、思い返していると、
時に力強く、かつ謙虚に歳を取りたいなと思うようになりました。
おわり。

普段飲まない家族達の話

今週のお題「家飲み」

父は、会社の最低限の付き合い程度で飲み、家では飲まず。
母は、育児に支障が出るのを考慮して15年ほど禁酒していました。
私の家族は誰もお酒を普段飲まないので、飲む機会があるのは
正月とお盆の、親戚の集まり時に限られます。

親戚のおじさんやお祖父ちゃんに絡まれ
ビールを飲まされる父、帰りの車運転があるので対岸の火な母。
そして普段飲み慣れてないせいで、帰りの車内でぐったりする父でした。

そんな母、クリスマス記念に15年ぶりにワインを飲んだら
見事に酔っ払って『○○ちゃ〜ん///クリスマスおめでと〜^^』と謎握手を3分ごとに求められ延々と絡ました。
その後リバースしていました。
延々と絡んだ記憶は無いそうです。

私は、20歳の誕生日に調子に乗ってガブガブ飲んだら見事にリバースしました。
その後慣れようとジュースで割ったり試したのですが、寝たり気分が悪くなったりあまりいい思い出はありません。

現在、父は飲まず、母はたまに梅酒缶を飲んでいます。
普段お酒を飲まない環境で育ったかもしれませんが、もしかしたら下戸一家かもしれません。

遺る物

年明けに腫瘍を切除する手術をしたのですが、
切除した腫瘍の一部がホルマリン漬けになっているそうです。(身内から聞いた)
(身内曰く、「肉屋で売ってそう」←ひどい)

大学病院で受けたので、
「学生の研修や研究に立ち会い、使用してもいいですか?(うろ覚え)」という項目に「はい」の○をしました。
今後の教育や医療技術向上に役立つなら…とう
気持ちでした。

ホルマリン漬け、大学のゼミか研究室に飾られてるのかなぁ。
害をもたらした腫瘍となれど、文字通り半身。
インドアなので、なるべく暗くて涼しい所で保管されてて欲しいです。

もしかしたら、私が死んでも、ひっそりと腫瘍のホルマリン漬けは遺るのだろうか
『20代女性の腫瘍 2017年』とラベルシールを貼られたビンが生きた証になるのかな。と思いました。

もうすぐ給料日

給料日が近くなると、
初めてバイトした時の事を思い出します。
当時住んでた地元(田舎)でまさに自分の志望ぴったりの求人が出てきて、
フリーペーパー掲載だから1週間以内に電話しなくちゃいけなくて、
元より電話が苦手でガチガチに緊張しながら
旨を伝えたけど、出た人が求人の事を理解してなくて、互いに何度もとんちんかんなやりとりしてしまったり(笑)

面接は、その場で採用されました。

当時学生のため、シフトは週2〜3日、
時給800円(土日祝850円)。

初日は1時間経った時計を見て、(あ…800円稼いだんだ…)と思いました。

3ヶ月程貯めて、好きなアニメのDVDBOXを買いました。
初任給は2万5千円程で、振り込まれた時は
通帳を何度もめくって確認したりして
給料明細を見た時は嬉しかったなぁ。
今まで親から、自分は何もせずに与えられていた時から、
自分のお金で物を買った時、そして働いて稼いだお金にはとても価値がありました。

そんな思い出です。
今は当時以上に稼いでいますが、
その時は、2万5千円に、それ位の価値を見い出せたんですね。

馬柄雑貨が欲しい

馬が好きです。普段は草食で大人しくもありながら、勝負(競馬)になると野生が目覚め荒々しく戦う(走る)所と、
地元で馬関係の祭りがある事が由来していると思います。

そんな訳で、馬モチーフの雑貨も好きなのですが、なかなか売ってないのが悩みです。
ダーラナホースぐらいデフォルメされた柄だと助かるのですが…リアルな馬だと普段使いには、すごくくどいんです(-_-;)
ユニコーンとかペガサスじゃなくて、普通の馬が良いです。

雑貨以外だと、午年の時に買い漁った絵馬と蹄鉄があります。
なんとなく、馬モチーフの物を身につけていると
行動力がつきそうなご利益があるような気がします。

椎名林檎 ギブス

お題「春に思い出す曲 春に聞きたい曲」

椎名林檎のギブス。
「また4月が来たよ。」という歌詞があるので。
曲調自体はあまり春っぽくは無いです。

また4月が来たよと言えるような思い出欲しいです。